×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

低反発 敷布団

低反発 敷布団について

低反発の素材を使用した寝具が話題になっています。低反発敷布団、低反発マットレス、低反発枕、低反発ソファなどたくさんの低反発の商品が開発されていますね。

よくお店でも見かけて触ったことがある人も多いと思いますが、低反発の素材って触ると独特ですよね。やわらかくて押すとその分、形を変えるのがとても不思議です。低反発の素材の敷布団やマットレスは人の体型に合わせて形を柔軟に変化させます。

そして肩や腰に負担をかけないためにリラックスして寝ることができますね。一度低反発の布団の中を見てみたいなぁとと思いませんか?どういう素材が使われているんだろうと私なんかは興味津津です。

一口に低反発と言ってもその素材はすべて一緒ではなくて、色々あるようです。よく聞くのは低反発ウレタン、テンピュール、ヴィスコエラスティックフォームなどがあります。

これらの素材はもともとNASAで使われるために開発されたものが多いのです。一般に販売されているものはこれを使いやすく改良されて販売しています。

低反発敷布団の購入ポイント

低反発の敷布団を購入しようと思っている方に、購入する際のポイントをご紹介します。

まずはもちろん値段ですよね。安いもので1万円をきるものから高いものでは3万円くらいするものまであります。枕や掛け布団とセットになっているものもありますので自分の希望と合わせて選びたいですよね。

価格比較サイトなどを参考にするといいのかもしれません。

次にサイズですが大人用子供用と色々あります。ベッドの方はそのベッドのサイズも考えなければいけません。個人的には布団は大きめのほうが安眠できるような気がします。抗菌や防臭にもこだわりたいものです。

購入するときに一番いいのは自分で実際に寝てみるということですが、なかなかできませんから、使用感ののっている口コミ情報を参考にしたりしてみてはいかがでしょうか。

最初は低反発の感触が良かったものの実際使ってみるうちに寝返りをうつ時に抵抗が大きいとか、夏は暑く感じるとか、使ってみないと分からないことは多いのかもしれません。

スポンサードリンク

看護士の仕事内容は?